°c

茨城県 筑波山で登山・ハイキング/コース&観光ガイド

Journal筑波山ジャーナル

2020.06.22| Column

筑波山の魅力&見どころ10選! 登山から観光まで

初心者も山岳好きも、子どもも大人もお年寄りも! 幅広い人に愛されている筑波山。その魅力&見どころを一挙紹介いたします!

01.
誰でも登れる低山だけど百名山!

筑波山の標高は877m。関東平野で唯一の日本百名山であり、百名山でいちばん低い山でもあります。特に人気の南側の山道はよく整備されて登りやすく、子ども(幼稚園児)から年配の方まで幅広い方が登っています。ケーブルカーとロープウェイがあるので、行きは歩き、帰りは乗り物など、体力に応じて楽しみ方を選べるのもポイントです。

 

02.
ビギナーから上級者まで、それぞれの楽しみ方がある!

筑波山は標高がそれほど高くなく登りやすいので、初心者が登る最初の山としておすすめ。高尾山で登山に興味を持った人が、次に登るより本格的な山として勧められることも多いです。一方で、トレイルランナーやアスリートからはトレーニングの場として選ばれています。一年中気候が安定していて、冬でも雪が少なく軽装備で登れるので、幅広い使い方ができるんです。

筑波山 御幸ヶ原コースの登山道の風景

 

03.
いろんなコースがあって飽きない!

筑波山には、東西南北の登山口から10コースもの多様なコースがあります。最短距離で山頂を目指すコース、自然との触れ合いを楽しむコース、筑波山の持ち味である奇岩を味わい尽くせるコース、トレイルランニングがはかどるコース、さらにコースの一部にはMTB(マウンテンバイク)を楽しめる箇所(林道)もあります。筑波山神社とつつじヶ丘からのコースが定番で人気がありますが、慣れてきたらいろんなコースを試してみると、より筑波山を好きになるはず!

筑波山 東筑波ハイキングコースの林道をMTB(マウンテンバイク)で走る

 

04.
山岳修行を体験できる、禅定がヤバイ!

筑波山の山自体をご神体としている、中腹にある筑波山神社。毎年夏に、筑波山神社が行っている「禅定(ぜんじょう)」は、筑波山の山岳信仰を垣間見ることのできる貴重な催し。約10時間かけて、普段は歩くことのできない山の奥深くで、超ハードでスリリングな行を体験することができます。しかも参加資格は、誰でも! 禅定に参加すれば、もう筑波山はあなたのご神体です!
関連記事>筑波山禅定に参加したら、心に“生”が刻まれた。

筑波山神社禅定の様子

 

05.
単純に見た目がかっこいい…!

男体山と女体山、2つの山頂からなるツインピークスな山容がシンボリック。特に茨城県の南側に暮らす人々は、「筑波山を見ると帰ってきたなって、ほっとする」というくらい、心のシンボル的な山でもあります。ちなみに筑波山が百名山に選ばれているのも、この関東平野という広大でなだらかな土地に、この独特の山容がいきなり「どや!」と現れることで、体感よりもだいぶ高く感じられる…ことが理由のひとつになっています。

田植えの時期の筑波山の風景(逆さ筑波)

 

06.
パワスポ天国&恋の山

山岳信仰の山である筑波山は、パワスポ(パワースポット)天国でもあります。山頂近くの御幸ヶ原付近にある樹齢800年ほどにもなる巨木「紫峰杉」をはじめ、その近くにある「男女川(みなのがわ)の源流」、さらには男体山頂近くの「立身石」をはじめとした筑波山の特徴でもある巨岩・奇岩群など、たくさんのパワースポットがあります。
また、男女二神を祀る筑波山神社は縁結びや夫婦円満に御利益あり! 中腹にある拝殿の大鈴には小さなハート柄が隠れています。ぜひ見つけてみてください!

筑波山の立身石

 

07.
実は温泉も豊富!

はじめて筑波山を訪れる方によく聞かれるのが「筑波山って温泉あるの?」という質問。実は中腹には温泉街があり、日帰り温泉や足湯を楽しめるホテルも充実しています。関東平野を見渡せる絶景の露天風呂や、筑波山の山並み、秋には紅葉を眺めながら入れるお風呂など、それぞれに特徴があります。日帰りもいいけど、宿泊してゆったりと楽しむのもおすすめです!

筑波山の紅葉

 

08.
夜景がヤバイ!

山頂からのパノラマ絶景が自慢の筑波山。実は夜景にも定評があり「日本夜景遺産」に登録されています。特に空気の澄んだ冬には、頭上に美しい星空も拝めます。毎年秋〜冬にかけては、ロープウェイの夜間運行も行われます。ナイトハイクも一部で人気を博しています。

筑波山頂からの夜景

 

09.
つくば道に癒される!

筑波山麓のまち「北条(ほうじょう)」から筑波山神社をつなぐ「つくば道」。江戸幕府の三代将軍の徳川家光が、筑波山神社をつくる資材を運ぶための運搬路として整備したといわれる歴史ある道です。なだらかな勾配のある道からは、絶景ビューも楽しめ、道脇には風情ある古民家が建ち並んでいます。歩くだけでなぜか癒されてしまう、不思議な道です。

筑波山麓のつくば道

 

10.
実はほぼ全域が国定公園!

筑波山はほぼ全域が「水郷筑波国定公園」に指定されています。山中では、アカガシやブナなどの貴重な原生林が見られたり、筑波山固有種の可憐な花「ホシザキユキノシタ」などさまざまな動植物が見られます。山を流れる沢には、固有種の「ツクバハコネサンショウウオ」という希少生物の存在も。大事な自然の宝庫でもある筑波山。そのため、火気厳禁、採取厳禁となっているのでお見知りおきください。

筑波山の固有種「ホシザキユキノシタ」

 

ここでは、編集部がこれぞ!と思う魅力を10個あげてみましたが、筑波山にはほかにもたくさんの魅力が詰まっています。

ぜひ現地で、あなただけの筑波山の楽しみを探してみてください。

文/Mount Tsukuba Journal 編集部